ついにスイスの鉄道に萌えキャラ輸出!アルプス感が全く感じられないが大丈夫か?

エンタメ
スポンサーリンク

 世界遺産にも登録されたスイス最大級の私鉄「レーティッシュ鉄道」で、日本制作の萌えキャラがマスコットとして正式採用されることが決定しました。このマスコット採用には、Twitterで「スイス大使」として知られるスイス公務員・ラユンさんが大きく関わっていました。

長く伸びた髪や桜をモチーフにした髪飾りが特徴的なこのマスコットの名前は「のぞみ」。デザインしたのは俵太さんで、服装はレーティッシュ鉄道の制服と、同鉄道と姉妹提携を結ぶ箱根登山鉄道の制服を組みあわせたものとなっています。こういったキャンペーンはレーティッシュ鉄道がヨーロッパで初とのことですが、一体どういう経緯で「のぞみ」のマスコット化が決まったのでしょうか。ラユンさんに話を聞いてみました。

ラユンさんは、2月に箱根登山鉄道デザインの電車を走らせる企画を提案するためにレーティッシュ鉄道を訪れました。会議が終わりかけた頃、以前にデザインした「のぞみ」を担当者に見せ「レーティッシュ鉄道と箱根登山鉄道の車掌の制服を組み合わせた特別版を制作し、正式なレーティッシュ鉄道のマスコットにしてはどうか」と提案しました。その時の心境を“冗談を言っていると思われた”と感じたそうですが、担当者は笑顔をみせながら「マネジメントに君のアイデアを聞いてみてあげる」と回答。後日、「レーティッシュ鉄道の皆が君のアイデアに大賛成です。マスコットを是非作りましょう! 私達の“のぞみ”をどのように仕立てたら良いのか、君のアイデアを聞かせてください」とメールが来たそうです。ラユンさんはスイス連邦鉄道の元従業員だったこともあり、「経験があるから、交渉は困難ではなかった」と語っています。

ラユンさんはその後、「のぞみ」の正式マスコット化に向けて俵太さんにコンタクト。デザインは、レーティッシュ鉄道を代表するマスコットになることを念頭に起きながら、“生き生きとして、魅力のある笑顔で乗客を歓迎する車掌にしたい”と考えて進めていきました。レーティッシュ鉄道の制服の色、ネクタイ、車掌カバンなど、レーティッシュ鉄道らしさを盛り込みながら、日本風にするために桜の花飾りや、箱根登山鉄道のボタンや線を入れ、両社の要素を取り入れています。ラユンさんと俵太さんは、ファミリーレストランで細かい部分の話を進めていったそうです。

2週間後、最初のサンプルをレーティッシュ鉄道に送り、レーティッシュ鉄道はすぐにそれを承認。ラユンさんの夢が実現した瞬間でした。

現在、印刷会社に3つの等身大「のぞみ」のプリントを依頼中。「のぞみ」のマスコット採用は、姉妹提携に関わる特別車両を走らせることと同時に正式なキャンペーンとしてアナウンスされ、地元ファンからも好意的なコメントを集めているそうです。

ラユンさんは「のぞみ」の次のステップとして「日本人観光客が多く利用する他の鉄道や公共交通機関に紹介する事」「箱根登山鉄道が『のぞみ』を採用する可能性は少ないかもしれませんが、近々、提案してみようと思っています」と語ります。また「レーティッシュ鉄道のイベント終了後も再度キャンペーンの可能性を話し合いたい」とのこと。近い将来、スイスにも「鉄道むすめ」が誕生するかも?

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000045-it_nlab-life

名無しさん
2017/04/24 13:34
ウケるかどうかは相手方次第。
「こんなのマニア向けすぎるだろ…」と思っていたものがあちら側ではウケた、なんてことは枚挙に暇がない。こっちは静かにしてようじゃない。
名無しさん
2017/04/24 15:06
有名な西洋画もエロスから描いてたし、ぶっちゃけ芸術系に性のものを廃そうとするのはアンタッチャブルよ
名無しさん
2017/04/24 15:10
芸術には遠く及ばない。単に商業用でアートのように思想の抽出作品ではない。マーケットありきですな。
名無しさん
2017/04/24 15:17
ウクライナの美人すぎる議員の萌え絵はさすがに引かれてたけど
商業的にでも向こうから採用判断されたのならアリでしょ。
あとは物価とスイスまでの交通アクセスが良ければなぁ
名無しさん
2017/04/24 15:22
>外国人から見ると、日本人風の顔のイメージは、浮世絵風とか細い一重で目尻が上がった顔に黒い髪。
以前、職場の別の部署に助っ人に行ったときそこの上司が日系ブラジル人の方でした
作業が一通り片付いて引き上げるときにその上司の方が助っ人に行った同僚たちにそれぞれ感謝の言葉と握手をされたのですが私にだけポルトガル語と思われる言葉を掛けられハグをして下さいました
…その時初めて自分が向こうの人の顔立ちだという事に気付かされました
名無しさん
2017/04/24 15:22
そうですね
われわれは賢いので
名無しさん
2017/04/24 15:23
>性欲の何が悪いんだ
電車の中で性欲が沸き起こるのは仕方のないことじゃないか別に悪いとは言っていない
ただ
個人的な考えとしてはこれが成功しようがしまいが、「つまらない」というだけ
性欲なんてねぇ
本能に訴えるだけで正直全然味気ないね
可愛いものを描けるというのも一種の才能だとは思うが。
安っぽい雰囲気になって残念
名無しさん
2017/04/24 15:25
>ご年配の人は、昔のアニメは子供の見る物というイメージがあるから、今の風潮は理解しがたいだろうけど、若者だと意外と抵抗感がないようだと最近思った。
これがもう数年くらい経つとさらに逆になり「アニメはオッさんオバさんが好きなもの」ってイメージが強くなって、「若者のアニメ離れ」とか言われ出しそう。
今の子供達が成人する頃には、おそらくゆとり世代に対する反発が出るだろうから、意図的に避けそうな気がする。
名無しさん
2017/04/24 15:29
>私にだけポルトガル語と思われる言葉を掛けられハグをして下さいました
すみません、その光景を想像したら思わず笑ってしまいました。
名無しさん
2017/04/24 15:43
>お話があります。後で私のデスクまで来てください
ボ、ボクはやってません…
名無しさん
2017/04/24 17:19
スイスの人は「日本文化意味不明」と思うんだろうか
名無しさん
2017/04/24 19:57
スイス在住ですが、特に大きな話題になる事はないでしょう。
保守的で新しいもの好きではない国民性です。
名無しさん
2017/04/24 20:25
日本と同じく大多数のスイス人は「気持ち悪い」と感じるだろう。
良識のある人ほど多様な文化に口出しするのは野暮だから表立って言わないだけだ。
名無しさん
2017/04/24 21:18
2年前にレーティッシュ鉄道乗っといてよかった。スイス行ってまで
日本にいるのと変わらぬ雰囲気醸し出されたら、せっかくの景色も微妙になっちゃうもんな。
名無しさん
2017/04/24 21:34
鉄道むすめが海外展開する足がかりってコト?
名無しさん
2017/04/24 21:43
まあどれくらい大きく取り上げられるのかだけど、すぐポシャると思う。向こうのいわゆる「萌え」に対する拒否性ってのは半端じゃないよ。
名無しさん
2017/04/24 13:44
ついに萌えはMOEとなり、世界進出したか。
名無しさん
2017/04/24 13:59
良いことなのか、悪いことなのか、わからんな・・・
名無しさん
2017/04/24 14:10
その国に馴染むように作られたキャラじゃなくて、そのままなのは思い切ったなぁ。
産地直送ですね
名無しさん
2017/04/24 14:19
スイスでどのように受け取られるかは全く想像がつかないでしょうね。でも乗り気になって採用したということは
嫌いじゃないのでしょう。
名無しさん
2017/04/24 14:26
数年後に黒歴史でしょう。大丈夫か?
名無しさん
2017/04/24 14:46
でもスイス大使と相談してデザインしてるから大丈夫でしょう
名無しさん
2017/04/24 15:09
向こうの絵にしたら凄いおばさん風に書かれるんだろうね
名無しさん
2017/04/24 15:26
おばさんって言うか、日本人向けの童顔エロ体型丸出しでは
流石にやばいでしょ。キャラも豊満なバストを強調して制服着ていたら、あっちではアウトになってると思う。
童顔はそのままで、体型の方はかなり気を使ったと思うよ。
名無しさん
2017/04/24 14:38
スイスって実は人柄がよく分からんから、こういうのがきっかけで理解が進むと面白い。
しかしハイジを差し置いて、けしからんな(笑)
名無しさん
2017/04/24 14:44
ハイジは40代くらいの子供の頃からヨーロッパでも放送されてたらしいから、「どうせ近くにきたんだから…」とハイジ車両に足を運んでもらえるかも?
名無しさん
2017/04/24 16:07
ほんとだ!
ハイジにすればいいのに(笑)
名無しさん
2017/04/24 16:12
 大真面目にコメントするとアルプスのしょうじょハイジはなぜかオランダの民族衣装来ているので、評判悪いのだとか。
日本でも海外の日本を舞台にしたアニメや映画にチマチョゴリ着たお姫様やチャイナドレス着た奥方様が出てきたら結構怒る人いそうですよね。
名無しさん
2017/04/24 13:39
このためにスイスまで行く人がいそうです
名無しさん
2017/04/24 14:13
日本人のイメージが低下しちゃう。。。
名無しさん
2017/04/24 14:42
レーティッシュ鉄道の
ランドパッサー橋は
ついでに見る感覚だな。
名無しさん
2017/04/24 14:46
このためにスイスに行く日本人観光客がいたらそれは成功です
名無しさん
2017/04/24 14:57
電車と風景自体が世界屈指のコンテンツなんだがな。
スイスに観光に行く日本人はシニア層が多いから、
日本人は困惑して、その他の国の方々が案外喜ぶ図式になりそう。
名無しさん
2017/04/24 15:06
日本の鉄オタは滅多に海外に行かないので期待できない。
名無しさん
2017/04/24 15:32
レーティッシュ鉄道ってかなり有名な鉄道だし、萌えキャラとか関係なく観光で行く日本人多いよね
名無しさん
2017/04/24 16:24
少なくともこのニュース一本で日本でのレーティッシュ鉄道の知名度は飛躍的に上がったでしょうね。実際素晴らしい景色の所を走っているのでスイス旅行すれば行く人は出てくるでしょう。
名無しさん
2017/04/24 16:52
ははっ笑
名無しさん
2017/04/24 19:29
スイスに旅行して、スシを食わされるようなものだ。
名無しさん
2017/04/24 20:04
↑確かにそう。ツェルマットの寿司屋
「赤倉」で飯を食うのはやめた方がいい。
名無しさん
2017/04/24 20:13
なんか嫌です。  旅行中は日本的日常から離れたいのに、、、
レマン湖のほとりのホテルのベランダの椅子(白プラ)が自宅の庭にあるやつ(ニトリ)と同じやつだったので萎えました。
名無しさん
2017/04/24 20:18
アルプスの登山鉄道が箱根みたいに成っちゃうよ
名無しさん
2017/04/24 14:20
スイスまで「萌え」を輸出ですか?
そのうち寿司とか天ぷらみたいに外国語の辞書にMOEとか掲載されそうでf(^_^;)
名無しさん
2017/04/24 14:04
痛車ならぬ、痛車両?
名無しさん
2017/04/24 15:20
やだやだ。。。
名無しさん
2017/04/24 22:13
痛電かも
名無しさん
2017/04/24 14:40
台湾なんて萌えキャラだらけ
特に高雄捷運(メトロ)とか
名無しさん
2017/04/24 14:52
日本大好き国だから、萌えキャラにも一目置いてくれてる。
台湾は日本にとってすごくありがたい国。
名無しさん
2017/04/24 14:58
台湾は日本と趣味が似てる(?)から受け入れられてるのだと思うけど(鉄道以外でも至るところに萌えキャラだのゆるキャラだのいっぱいだし……)、欧州だと、全てがクールジャパンとして受け入れられてる訳ではなく、こういうのに抵抗があるところもあるからかなりびっくりしました。
名無しさん
2017/04/24 15:10
dun*****さん
親日なのはあると思いますが
無理に萌えキャラを取り入れているわけではなくて
嗜好が似ている(受け入れる層が多い)というのもあるかもしれません
台湾に行くと高雄メトロに限らず萌えキャラだらけですし
展開の仕方が日本よりもオープンなのでびっくりします
もちろん日本と同じで苦手な人は苦手だと思います。
名無しさん
2017/04/24 15:53
台湾は、政府公式の同人誌即売会もあるしな・・・。
名無しさん
2017/04/24 18:58
台湾は日本と同じように西洋文化と東洋文化が入り交じる島国で、このへん日本と非常に近いところがある。日本の文化を受けて入れているというより並行して同時進行していると言った方が近いかも。同じように盛り上がっているから両国の交流も盛ん。
名無しさん
2017/04/24 14:10
ええのんか‥‥これ。