どこで買える?『Number』の特別増刊号が浅田真央特集で売り切れ続出!

  文藝春秋は26日、今月21日に発売したビジュアル・スポーツ総合誌『Sports Graphic Number』の特別増刊号『永久保存版 浅田真央 ON THE ICE 1995-2017』について、2刷3万部の増刷を決定したことを発表した。これで累計発行部数は20万部となった。

フィギュアスケート・浅田選手の 21年間の競技人生を辿る特集号は、発売開始直後から書店、オンライン書店、コンビニともに売れ行き好調で売り切れが続出。ゴールデンウィーク前に初版17万部が完売する見通しとなり、雑誌としては異例の増刷を決定。Numberが重版するのは一昨年、2015年10月発売のラグビーW杯日本代表特別増刊『桜の凱歌。』以来となる。

編集長の松井一晃氏は「浅田真央さんが初めて誌面に登場した2003年1月9日発売の567号以来、小誌は14年にわったって彼女の笑顔と涙を追い続けてきました。今回の特別増刊号は、浅田真央さんの21年間にわたる競技生活の“ベストアルバム”を創るつもりで、編集部一同、精魂こめて制作いたしました」とコメント。

読者からも「浅田真央さん、何度見ても美しい涙と笑顔です」「写真がキレイで、とにかく華がある。泣けてしまう」といったメッセージも届いていると明かし「その永久保存版が、彼女を応援しつづけてきた読者の皆さんの支持を受けたこと大変うれしく思います」と喜んでいる。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000344-oric-ent

名無しさん
2017/04/26 16:32
さすが(^-^)
名無しさん
2017/04/26 18:12
出版社のみんなが幸せになる ”重版出来!” だね、真央は最後もみんなを幸せにしたんだ、よかった、よかった。
名無しさん
2017/04/26 18:16
重版出来!重版出来!
名無しさん
2017/04/26 18:35
1980年の長嶋茂雄特集(例の空振りの写真が表紙の・・・)も「異例の増刷」で、語り草にはなっている。
それがあの雑誌(Number)のナルシズムの元祖ではないかとも言われているのだが・・・。
名無しさん
2017/04/26 19:04
いらないしw買う必要もないw
名無しさん
2017/04/26 19:24

コメの必要もなし。
名無しさん
2017/04/26 20:43
アイルトン・セナの追悼号は本屋マジで10軒以上駆けずり回ったなー。でも昔ほど中身のクオリティを感じられなくなったから随分前に買うのをやめたな。
名無しさん
2017/04/26 21:09
サッカー日本代表がワールドカップ初出場を決めた時も入手困難だった。
名無しさん
2017/04/26 22:16
やっぱり人気があると入手厳しいよね
すごいなぁ
名無しさん
2017/04/26 22:27
浅田はB層マーケティング。
名無しさん
2017/04/26 16:53
どおりで本屋になかったはずだ。
(しかも田舎だから元々の仕入れが多くないし…)
ネットで予約しよう…
名無しさん
2017/04/26 18:20
真央様は御利益があるからね。
僕も購入させていただきました。
額縁に飾ってます。
名無しさん
2017/04/26 18:35
書店には無かったが、セブンイレブンにはあった。
Numberはもともと写真が良いのはあるんだが
ローリー・ニコルやタラソワ、あと伊藤みどりさんの
コメントに泣きそうになった。
名無しさん
2017/04/26 19:46
同じく。本屋売り切れだった。amazonも入荷待ちだね。
名無しさん
2017/04/26 22:16
まあ、文春もシタタカですな。自社が創設した芥川賞・直木賞をネタに売上増、芸能人の不倫ネタで週刊文春の売上増。人気スポーツ選手をネタに売上増。
名無しさん
2017/04/26 15:49
当然と言えば当然だね
今日毎日が出版すると聞いたから買おうかなと思ったけど
すでに特別創刊号が出たんだ…
どっちがいいのかな
迷うな
名無しさん
2017/04/26 16:56
どちらも見ごたえがありおすすめですが
Numberは伊藤みどりさんや小塚崇彦さんなど親しい人から引退後に取ってきたインタビューなどが掲載されていました。
逆にサンデー毎日は目新しい記事はないものの、写真集のような作りでノービス時代や一・二度しか着てない珍しい衣装の写真も多くありました。
名無しさん
2017/04/26 21:45
個人的に侮日の出版物はお勧めしません。
またこの名前を絡めてきた、って最低でも1回ウンザリしますよ。
名無しさん
2017/04/26 16:42
今回各社いろいろ特集を組んでいる中、
おかしな下げ記事や、
いらない他選手の写真も最小限で、
安くて内容が良く、写真が美しかった。
名無しさん
2017/04/26 22:00
私的にアエラのチョイスセンスにはちょっとがっかりでしたがサンデーは美しい写真が多くて嬉しいかった!もちろんナンバーも買って良かった!
名無しさん
2017/04/26 16:44
ああ、この写真はいろいろフラッシュバックするな
ナンバーの写真はさすがだね
名無しさん
2017/04/26 17:08
永久保存版だね
名無しさん
2017/04/26 15:58
コンビニでラスト一冊買いました!
表紙見たことあるな~と思ったら
やっぱりソチの時買った雑誌と同じでしたが
中身はまったく別物です
大好きなリチュアルダンスの格好いい写真
タラソワさんローリーさんのインタビュー付きです
まだまだ本屋さん等では見かけるので
絶対に購入して欲しい一冊です!!!
名無しさん
2017/04/26 17:30
宣伝うまっ!買う!
名無しさん
2017/04/26 19:10
頑張ったから
彼女の涙は
美しい
フジテレビは写真選びから見習うべし。
名無しさん
2017/04/26 21:37
ということで、買っちゃいました!
名無しさん
2017/04/26 16:57
『Number』さんの写真綺麗だし最後の・・・となれば!
名無しさん
2017/04/26 16:58
Number:の写真大好きだし絶対手に入れたい!
名無しさん
2017/04/26 16:31
予約の段階でネットで購入しました。
インタビュー記事など「そうだったのか…」と初めて知る内容もあり良かったです。
制作側の愛が感じられる雑誌でしたよ♪
名無しさん
2017/04/26 17:46
スポーツ誌で20万部はスゴいな
名無しさん
2017/04/26 17:10
ネット予約で購入。正直届いて「薄っ!」と思ったけど充分充実した内容です!
初めて見る写真もあり真央ちゃんの美しさ、儚げさにやっぱり今も引退が悔やまれます。
決して創られた美しさじゃないからこんなにも輝いているんだなぁーと改めて存在の大きさを感じる。
名無しさん
2017/04/26 16:49
彼女は本当に一途にフィギュアスケートに取り組んで来た。彼女の悔し涙も嬉し涙も見守って来た身としては本当に泣けてくる。
これからの活躍に期待したい。
名無しさん
2017/04/26 19:21
Numberはいい雑誌よ。
芸能ゴシップ等のゴミ雑誌とは内容の深さが違う。
名無しさん
2017/04/26 17:13
妻へのプレゼント用にポチっとな。
名無しさん
2017/04/26 18:45
Numberなら間違いない!
名無しさん
2017/04/26 17:18
600円でオール写真
これからも真央ちゃんの写真集がでるとおもうけど
値段的にはお買い得
名無しさん
2017/04/26 18:09
買いましたがどの写真も良かったです。ジーンときます。
名無しさん
2017/04/26 17:33
純粋な気持ちで買いました。500円だし。
永久保存にします。
決してこれで脱いたりしません。
名無しさん
2017/04/26 21:24
買ったよ~!永久保存♪
名無しさん
2017/04/26 17:44
アマゾンで買おう。
tvの特集はウザい。
慢性的回転不足の3-3で上げられただけのキムヨナが、ライバル扱いされたら気持ち悪い。
10歳代の滑らないエッジ集団も一緒に持ち上げるのも気持悪い。
このソチopの浅田選手のエレメンツの凄さを、分からないマスコミが一番凄すぎる。
名無しさん
2017/04/26 21:20
ヨナヨナって本当ウザかったですね!
過去の人話長々やらなくても、他にも海外にはコストナー選手とかワグナー選手とか素晴らしいライバルいました。
名無しさん
2017/04/26 22:28
ライバルも含めて今の浅田真央がある。好きな選手を語るのに、他の選手への中傷は必要ない。
名無しさん
2017/04/26 16:34
凄い売れ行きだ。好きとか嫌いの問題以上に皆興味関心度が超ハイレベル!
名無しさん
2017/04/26 18:06
Numberの記事はクオリティ高いしね。
名無しさん
2017/04/26 18:44
Numberすごく良かったです!
名無しさん
2017/04/26 18:59
やっぱり凄いな。
別格だわ。
名無しさん
2017/04/26 18:41
精魂こめて制作…、伝わりましたよ。
即買いでした。流石!
名無しさん
2017/04/26 16:36
いかん、買わなきゃ
名無しさん
2017/04/26 18:32
凄いとしか言い様がない
名無しさん
2017/04/26 16:43
買いたい、値段いくらですか?

関連ユニット
スポンサーリンク

フォローする